みんなで分けあえば、できること

Stopgreed

| | コメント (1) | トラックバック (0)

史跡めぐり

最近はフレのスキルを借りて史跡めぐりに精を出しています。紅海が安全化したので古代文明とロマンの旅を楽しんでいるわけですが、実際にはNPCがうっとおしくてテキパキと終わらせたい感じです( ̄Д ̄;;

まずはバスラの奥地に行くと見つかるウルのジッグラト

083010_114511

こっちがリアルのジッグラト

Ancient_ziggurat_at_ali_air_base_ir

続いては、ペルシア帝国の繁栄を映し出したペルセポリス

083010_120254

下が現在のもの

Persepolis_1

次は悠久の大地インドに栄えたインダス文明の遺跡モヘンジョダロ

083010_121431

奥に見える饅頭を上に乗せたような建物はクシャーナ朝時代の仏塔だそうです。

Mohenjodaro_sindh

最後はアフリカのジンバブエ遺跡

083010_170100

イギリス帝国主義に翻弄され、いまなお政情不安なジンバブエをこの遺跡が見守っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副官ホルフィーナ

082510_163508

私の場合、副官は最初に雇ったまま馘にすることもせず、数値が低くても副官料理など食べさせずに「どうせ、いずれ上がるだろう」ぐらいの気分で、ただ航海を共にする相棒という感じで接しています。

ただ一人例外がこのホルフィーナで、彼女を雇う時ナザリオ君を泣く泣く馘首にして副官枠を空けました。彼女の特色は航海長に任命した場合「迂回(藻を防ぐ)」「防波(高波を防ぐ)」「防風(突風を防ぐ)」が同時に有効になり、実にスムーズな航海が可能となる点です。

時期にもよりますが、一週間で大体地球を3週ぐらいしている私のプレイスタイルだと、彼女のスキルが非常に役立つわけです。彼女を雇うまで、たとえば日本から喜望峰経由で帰国する場合、インド洋あたりで2~3回は突風で停止させられ、高波で進路がずれたりひどい時には装備を傷められたりすることがしばしばでした。

これらのスキルを利用するには航海長の高い特性値が必要なのですが、雇う時にコツがいります。航海長の特性値が高い場合、まだマスクされて「?」の状態でも回航できる距離が伸びるという特徴を利用します。

たとえばセビリアで雇用した場合ですが、まず彼女を航海長のポストにつけ、出航所から「回航してログアウト」を選択して副官回航にします。この時凡庸な特性値の子だとパルマやオポルトが限界なのですが、特性値が高いとヒホンやバルセロナが見えてきます。こうして航海長の特性値に「当たりをつけて」から雇うのが賢い方法です。私も雇ってすぐ(情が移る前に)この方法で二人ほど解雇して、三人目で今のホルフィーナを見つけました。

このやり方は「航海長だけ高ければいい」というタイプの彼女のような副官には適していますが、ランス君やフランシーヌのようにいろいろやらせたい副官には不向きです。

副官の雇い方のコツは検証wikiに詳しく出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド風アパルタメント R4

カリブでマルーナやエグズマといった海賊を狩っていたら爵位が来て、女房が4等勲爵士になりました。4等になると自宅の改修が可能になりR4に上げられます。そこでしばらくロンドンに張り付いて自宅の改修工事を続けていましたが、昨晩めでたく完成しました。

女房はずっとインド風で通していますが、

072910_013809

これが入ってすぐの光景。インド風ということで仕方ないのかもしれませんが、なんとなく寺院風です(^-^;

北欧風や地中海風と違ってイスラム風の旦那のアパは段差のない完全なるペッタンでしたが、インド風にはしっかりと段差があって立体的でした。

072910_014047

この階段を上がると奥の間というのか、自室みたいなところに入ります。

072910_014251

これが正面、なぜか椅子に座れません(`ε´)

072910_014208

わきにはタブラやシタールを思わせるインドの民族楽器が並んでいます。

そしてこれが入り口を見渡したところ。

072910_014306

こうして改修工事も無事終わり、再び恩人でもあるマルーナやエグズマを無慈悲に狩っています・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女房、喜ぶ

今日はじめて知ったのですが、副官船のレベル制限が解除されるようですね(◎´∀`)ノ

http://www.gamecity.ne.jp/dol/eloriente/chapter3.htm

女房は最初の副官ニーナがあと2Lvで副官船使えるようになるんですが、この壁がなかなか越えられず、仕方なしに大砲を作ったり名匠キャノン復活のための「女帝」タロットを狙ってナントで放置していたりの日々でした。

というのも今の海事船は-19%で作ったので連戦が面倒だからです。補給物資が積めないんですね。

今回のアプデでニーナやイゴールをデビューさせられれば、海事もずっと楽になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節感ゼロ

DOLでは現在「七夕祭り」が実施されていて、ランスローとジェニファーの悩みを解決してあげると、最終的に七夕飾りがもらえます。

070310_221029

奥は一昨年のクリスマスイベントでもらったツリー。まったく季節感のない飾り付けになってます(@Д@;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女房タキガレに乗る

女房の海事レベルが46に達したのでタキガレを入手しました。

アルジェやカイロではタキガレ造船で修行している船大工さんが多いので、そこへ行って鉄で作ってもらいました。

062210_030655

スピードや旋回性もさることながら、とにかく大きい。ジェノ商を相手にするとよく分かります。しばらくはこの船を乗り回しながら海事で遊ぶ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭ゲバ的納品

商会に属していると、つきに一度納品という義務があります。
普段は、わりとハードルの高いものを作って納める課題なので、商会メンバーのそれぞれが得意分野を持ち寄って納品の品物を作りそれを納めるというのが、慣わしでもあり、ある種の楽しみでもあるわけです。

ところが今回は生産不可能で一個当たり5Mの品を納めろということで一気にテンションが下がります><

めのうの髪飾り・・・ジャマイカで売られています。金さえあれば、あるいは金でしか完了できない銭ゲバ的納品です┐(´д`)┌ヤレヤレ

061610_212533

商会に属しているのは女房ですが、私はお金が余っている感じなので買ってやります^^;

納品をしつつ、KOEIのセンスのなさを呪う、おっかない女房でした!

061610_212742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランシス・ドレイクの足跡を追う

地理学クエは高難度のものになると名声縛りがきつくなってきます。

今回冒険名声が28000の届いたのでロンドンで受ける「第二の世界周航」を出しました。

053010_234546

このクエはドレイク海峡を発見するもの。マゼラン海峡の更に南側の海峡です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マール・パシフィコ

ようやくクエだし必要名声にまで到達したので、「マール・パシフィコ」を達成しましたヽ(´▽`)/

051310_190208

クエストはセビリアで受け、ヤーデインで情報収集ですが、今回は太平洋に点在する港発見もかねてポルトベロからパナマ運河を渡り、太平洋を突っ切るルートを選択しました(しかし、島を発見してから太平洋を発見するっていったい・・・)

051410_044539

上の写真は、そんな中撮ったグアムののどかな風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アゾレス発見!(笑)